会社概要

名 称 熱研工業株式会社
創 立 昭和37年12月
資本金 3,000万円
所在地
本社/工場
〒334−0062 埼玉県川口市榛松2丁目6番3号
TEL 048(283)2231
FAX 048(283)5917
従業員 22名(平成27年6月現在)
営業品目
鉄鋼・鋳鍛工品の熱処理全般
焼鈍(歪取焼鈍、軟化焼鈍)
ショットブラスト加工
取引銀行
日本政策金融公庫さいたま支店
群馬銀行川口支店
埼玉りそな銀行川口支店
主要取引先
日産自動車株式会社栃木工場
グローバルコンポーネントテクノロジー株式会社
株式会社真岡製作所
株式会社永瀬留十郎工場
三起精工株式会社


沿革及び現状

昭和37年12月
川口市領家において、熱処理加工専門工場として発足。
昭和43年6月 川口市榛松(現在地)に新工場を建設。業界に類のない全自動熱風循環式焼鈍炉を設置し生産を開始。
昭和45年12月 同地に第2工場を建設し領家工場を撤去。1ヶ所に集結し焼鈍炉4基、ショットブラスト1基で操業開始。
昭和49年4月 この地区に初めてのハンガーショットブラスト(三龍社製)を設置。また焼鈍炉において、従来使用していたレンガからセラミックに代え、省エネルギー化を進める。
昭和52年5月 ノースアメリカン社製のハイスピードバーナーを採用。燃焼装置の改良により、炉内温度分布の向上を図る。また高温用加熱炉1基を新設する。
昭和53年 共栄工業梶i川口市新郷工業団地内)に資本参加。
昭和58年 葵工業梶i埼玉県吉川市)を買収し、業界に類のない全自動調質装置を設備。
平成13年8月 ショットブラスト設備を更新(新東工業社製)。
平成17年1月 環境対策工事を始める。CO2及び煤煙等のさらなるクリーン化を考え、各炉の燃料を重油からガスに変更。まず1、3号炉のガス化工事に着手する。
平成17年5月 5号炉をガス化。
平成17年8月 2,4号炉をガス化。全ての環境対策工事を終了する。
現在 榛松地区進出より約50年、焼鈍炉の大改造・更新を含め設備投資を進め、常によりよい設備でお得意様各位のご期待に添うべく努力を重ね、近代的熱処理工場として進んでおります。

戻る